シャロンの適当日記

ポケモン、遊戯王、東方のことをメインに色々適当に書く日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンカップ直前!VGC2017[アローラダブル]ってどういうルール?

お久しぶりです!

ジャパンカップ直前ということで、[アローラダブル]について簡単な紹介をしていこうと思います。
アローラダブルをやった事が無い人にもわかるように雑な解説をしていくので、よろしくお願いします。



★VGC2017:アローラダブルとは

・アローラ図鑑に載っているポケモンしか参加できません(伝説不可)
・「メガシンカ」は使えません
・「リージョンフォーム」を持つポケモンは「リージョンフォーム」でしか使えません



VGCの歴史で言えば2011「イッシュダブル」、2014「カロスダブル」と同じような「限定ルール」ですね
使用出来るポケモンに制限があるため、「シングル」「全国ダブル」等では普通使われないようなポケモンも使われたりします。


それでは現在のアローラダブルで多く見るアーキタイプを紹介します。


・テテフライド
786.png426.png
カプ・テテフの「サイコメイカー」で、フワライドの持ち物「サイコシード」を発動させて特性「かるわざ」のトリガーとする。
「かるわざ」発動後のフワライドは殆どの場合で先手「おいかぜ」が出来るため、そのマウントを生かし攻めていくパーティ。
フワライドはカプ・テテフの苦手とする物理方面を「おにび」でサポートしたり、自身も「シャドーボール」で殴ったり意外と器用。

同じ要領の派生系、「バルジーナ」+「カプ・テテフ」も存在する。

(参考:AMALGAME http://amalgame.jp/87656789/

・GACT(ガブウインカグヤコケコ)
445.png059.png797.png785.png
このルールにおいて単体性能の非常に高いポケモン4匹を軸にしたパーティ。パーティ名は英名の頭文字より。
残りの2枠は「ポリゴン2+ギガイアス」「キュウコン+カビゴン」等が人気で、トリックルーム軸の対策をこの枠ですることが多い。
持ち物・技構成に多くのパターンがあり、どのポケモンがどの持ち物を持っているのかを読むのが難しい。

(参考:AMALGAME http://amalgame.jp/garchomp-celesteela-catme-20170111/

・AFK(ウインレヒレツルギ)

059.png788.png798.png
単体性能が高く、縦横の相性が素晴らしい3匹の組み合わせ。GACTと同じく英名の頭文字。
カプ・レヒレは、使用率の非常に高いカプ・コケコ並びカプ・テテフよりも遅く、「フィールド」の奪い合いに強い。
この3匹の相性が優秀すぎるため、残り3匹の自由度が高いのもポイント。

(参考:AMALGAME http://amalgame.jp/tapufini-kartana-taiki-20170208/

・ドレコー
549.png324.png
新しく「ひでり」を獲得したコータスと、「ようりょくそ」を持つドレディアの組み合わせ。
ドレディアによる「おさきにどうぞ」+コータスの「ふんか」や、「クサZリーフストーム」、コータスが「ホノオZ」であったり、
ドレディアの「ねむりごな」だったり・・・多彩な攻めのバリエーションがあるのが特徴。エレキ&ミストフィールドには注意。

(参考:AMALGAME http://amalgame.jp/torkoal-lilligant-daniel-20170127/

・ペリゴル
279.png055.png
新しく「あめふらし」を獲得したペリッパーと、「すいすい」ゴルダックの組み合わせで、ペリッパーが「おいかぜ」を覚えるため、上から上からの攻撃的な展開が出来る。
ゴルダックの「ミズZハイドロポンプ」の圧力に恐れ「まもる」をしてしまうと、「アンコール」の餌食となる。
控えにいることが多いカプ・コケコの「かみなり」の威力も桁外れなので、終止派手な試合展開が出来る。

(参考:AMALGAME http://amalgame.jp/garchomp-vikavolt-hibiki-20170222/

・コケライ
785.png026-alola.png
カプ・コケコの「エレキメイカー」でライチュウの「サーフテール」を発動させる。カプ・コケコが元々速いため、初速から攻めることが出来る。
電気タイプ2体というとやはりガブリアスが気になるところだが、2匹ともガブリアスよりも高い素早さを持っているため上から倒してしまうことも可能。
ただ、ガラガラ(アローラ)やトゲデマルといった「ひらいしん」持ちには滅法弱いので、残りのポケモンでカバーする必要がある。

(参考:AMALGAME http://amalgame.jp/raichu-tapulele-rin-20170214/






あれ・・・なんかアーキタイプ多くね?と思った方、わかります。

しかしこの程度ではなく他にも「カプ牛丼」「コンパン」「ドーデスナ」「ドーポリ」「オドリフェロ」「ミミシルヴァ」その他諸々・・・。
紹介するのもしんどいぐらい様々な「知らなきゃ負ける」「知ってても強い」アーキタイプがたくさんあります。

このルール、強いパーティが凄く多いのです!
2010年からポケモンの公式ルールをガッツリ取り組んで来た自分に言わせても、「今までで一番色々強い」です。




この混沌とした環境で、「国内予選」「全国大会」「世界大会」でどんな”答え”が見れるのか・・・今から楽しみですね!


上記のパーティで気に入るものが無かった方は以下のサイトがオススメです。
EMOLGAME様 http://www.emolgame.jp/
AMALGAME様
 http://amalgame.jp/



それではまたお会いしましょう。
スポンサーサイト

[ダブル]WCS2016 全国大会

に参加してきました。

ジャパンカップではBIG6を使いました。全国大会も特に案がなかったためこちらを使おうと考えていたわけですが、流石に最もマークの厳しいBIG6を使って勝ち抜く自信がなかったため、急遽オーガレックを使用することに決定。


169.gif094_20160701010819421.gif115.gif
235.gif384.gif382.gif
クロバット ゲンガー ガルーラ ドーブル レックウザ カイオーガ



決まったのが大会当日の3時頃で無調整の不安もありましたが、前年度も同じようなノリだったことを思い出して参戦。


私 2好き MDK ばけらった (敬称略)の4人ブロック。

初戦は共にジャパンカップを戦った親交深いMDKとの試合。
どうして身内を踏んでしまうのか・・・憂う間もなく試合は始まる。

彼はここ数年ポケモンをやっていなくて、今回が久々の復帰。久々の復帰で全国大会へ進出する実力はもちろん評価点だが、調整期間は短いだろうと、正直言って侮っていた。

こちらがクロバットゲンガー入りに対して先発はドーブルガルーラ。予選ではスカーフドーブル+ガルーラの選出を好んで使い勝っていたことを知っていたため、「やはり全国に向けた調整はあまりしてないのかな。構築も変わってなさそう」と思い込んで技を選択。
結果、メンタルハーブトリックルームドーブルに好きにされ惨敗。

後で聞くとサポーターに勝海さんを置いていたそうで、考えぬかれた構築を見て、負けた悔しさよりも先に感嘆。同時に自分の浅はかな思考に後悔して、次の試合へ。

2好きさん、ばけらったさんには危なげもなく勝利。
結果2-1だったがMDKが3-0だったことで予選落ち。



4年も出てれば予選で身内を踏んでしまうこともある。
その結果、浅はかな「身内読み」によって負けてしまうこともある。

学ぶことが出来たなら、また来年に生かせる。
そんな全国大会でした。

使用されたポケモンなどについてはアマルガムさんで紹介されています。
http://amalgame.jp/jcs-news/


Day1に参加する予定なので、そこで予選を抜けて、また代表を目指して頑張りたいと思います。

『ジャパンカップで勝つ』 JC2015使用構築解説 全国ダブル

ジャパンカップ2016お疲れ様でした。僕は最終レート1814で「1位」という輝かしい結果を残す事が出来ました。
晴れて4年連続で全国大会出場の切符を手にしたことになります。

常勝には理由があります。今回は去年のジャパンカップでの使用パーティを公開していなかったことを思い出したので、それを解説して常勝の理由についても触れていこうと思います。




ジャパンカップ2015 23勝4敗 最終レート1797 21位/15,531人

使用パーティ:カブトプスビート

186.gif272.gif373m.gif
310m.gif141.gif598.gif

・ニョロトノ@オボンのみ
 熱湯 冷凍ビーム 手助け 守る

・ルンパッパ@こだわり眼鏡
 熱湯 ハイドロポンプ ギガドレイン 冷凍ビーム

・ボーマンダ@ボーマンダナイト
 すてみタックル ハイパーボイス 岩雪崩 守る

・ライボルト@ライボルトナイト
 10万ボルト 火炎放射 雨乞い 守る

・カブトプス@命の珠
 岩雪崩 滝登り アクアジェット 守る

・ナットレイ@ヨプのみ
 パワーウィップ ジャイロボール やどりぎのタネ 守る




当時は「ガルーラボルトランド」「サナバレル」「バシャキザン」「リザドラン「エルフーンゲンガー」というアーキタイプがメタゲームを作っていました。

雨パはあまり多くはありませんでした。というのも「リザードンY」や「ファイアロー」に弱いからですね。

しかし・・・


0c156bd374d359e2b4dac953c44c5e80.png

レーティングで調整していたところヤバいポケモンを発見しました。
雨パを使用する上での障害をクリア出来たわけですね。


自分は2013 2014 2015と3年続けて「雨」パーティを使用しました。
これが自分の”ジャパンカップ常勝”の秘訣なのですが・・・

ジャパンカップはメンタルゲーです。
短い選択時間 4日間という短い期間 焦燥感 etc ・・・
この環境で毎試合ミスをせずにプレイ出来るプレイヤーはいません。
そしてミスは連鎖します。ジャパンカップで連敗は死です。

ではどうすればいいかというと、ミスをし辛い構成にすることが重要になります。

①固定選出がある
対応力の高い4体の組み合わせを作ります。

②初見殺しがある
イージーウィンは非常に重要です。

③特定のパーティで詰まない
当たるたびやる気が失せるので不利なパーティは作りません。

④運ゲされるな運ゲしろ
当たり前です。

これを踏まえてパーティの解説をします。

20150124145632.png20150124142452.png373m.png20150124142437.png

先発ニョロトノ ルンパッパ 後発ボーマンダ ナットレイ
これが固定選出でした。カブトプスとは
ルンパッパでひとしきり暴れた後にボーマンダで削り切る ナットレイで詰ませる とにかく対応力が高かったです。

②手助けニョロトノ+眼鏡ルンパッパ

当時は「スカーフニョロトノ」「チョッキルンパッパ」がほとんどだったので、そもそもそれを前提で動いてくるプレイヤーが多かったです。
そしてトップメタである「メガガルーラ」はこのパーティに高確率で先発で出てくるのですが、その時にこの2体は真価を発揮します。

まずガルーラ側から見て”ルンパッパに猫騙しは打てません(※)
というのも、ガルーラの上からルンパッパは隣に猫騙しを打つことが出来るため、大きなテンポ損をしてしまいます。
「守る」を覚えていたとしても、ガルーラの隣に猫騙しを貰ってしまうと損なのは変わらないため、選びづらいです。
このことから選択肢は”ニョロトノに猫騙し””ルンパッパにすてみタックル”辺りに絞られてきます。

つまりガルーラが先発で出てきた時点で「手助け」+「熱湯」→ガルーラがかなりの確率で通ります。
ジャパンカップでは先発で出てきたガルーラを全試合葬ることが出来ました。

他にも「手助け」+「冷凍ビーム」でボルトロスを一撃で倒し、後発のボーマンダの障害が消えて勝つパターン。
「手助け」+「熱湯」でメガサーナイトを落とし相手が主軸を失うパターンなど・・・あまりに強力でした。

これは当時「スカーフニョロトノ」が多く、「ルンパッパは初手に猫騙しをしてくる」という「環境」が出来上がっていたことに起因します。
環境を知れば知るほど、こういった”初見殺し”が思いつくわけです。

③カブトプス ライボルト

冒頭で書いたように、ニョロトノルンパッパの障害として挙げられる「リザードンY」「ファイアロー」を叩き潰すのがカブトプスです。
相手のパーティにこの2体のどちらかがいる時はほとんど選出していたと思います。
リザードンに対しては上から岩雪崩で縛りながらニョロトノを引っ込めて、晴れへの切り返しとします。
ファイアローには、すいすい下でのアクアジェットが「はやてのつばさ」よりも速く出せます。

他にも「エルフーン」+「テラキオン」「メガゲンガー」構築に対しても、「追い風」された後に「手助け」+「アクアジェット」でテラキオンもゲンガーも落とすことが出来るため、ほぼ勝てます。

ライボルトは見せポケとしての役割がほとんどですが、これが非常に大きいです。
先発で出てきた相手のボルトロスがライボルトを勝手に警戒して「めざパ」「挑発」など意味のない技を打ち散らかして来たりする試合も何試合かありました。

④Sが速い

当時は「ランドロスの岩雪崩クソゲー!」が皆の口癖で、事実ランドロスのスカーフ雪崩は止めることが難しくかなりの運ゲーポイントでした。
しかしこのパーティはそもそもランドロスが出てこないことも多いばかりか、出てきても上から潰せるようになっているので運ゲーされることがなかなかありません。
熱湯で一方的に火傷させたり、岩雪崩で怯ませたりと常にこっち有利に試合を運べる構成になってます。






と4点に分けて解説してみましたがいかがでしたでしょうか。

少しでも参考にしていただけたら幸いです。来年のジャパンカップも頑張って行きましょう!



実はガルーラがルンパッパに猫騙しを打てるパターンが普通にあることを世界大会の際にビエラ氏に聞かされて、ジャパンカップの時点ではまだまだ環境が追いついてなかったんだなぁと思いました。

[ダブル]WCS2015 日本代表決定戦

に参加してきました。

3度目の代表決定戦ですね、慣れたものです。

前回の記事に書いたように、気合を入れすぎても負けた時の悔しさが大きすぎることを懸念してほぼ無調整。

ただ自分はジャパンカップで使ったパーティをそのまま代表決定戦に持ち込むのはしたくないと思っています。
というのも、ジャパンカップでは少なくとも30戦はしているわけでその中で代表決定戦の参加者にあたっていても可笑しくない。
直接でなくとも高レート帯の情報などはグループ間で共有されることも多くされているであろうと予想し、パーティの情報が知られた状態で対戦が始まる可能性もあるからです。

ということから、ジャパンカップで使った雨パーティにかなりの自信があったとはいえこちらで妥協する案は捨て。

本番の3日前に、信頼しているビルダーであるRさんに相談しパーティを貰いました。

115.png245.png642.png645r.png094.png286.png

・ガルーラ
・ゲンガー
・ボルトロス
・ランドロス
・スイクン
・キノガッサ


・初見殺し
・高種族値
・命中安定

の自分が必須だと考えてる要素を全て備えた素晴らしいパーティです。

フレンド対戦で最終調整をした結果負け越しという不安な結果ではありましたが気持ちで負けてはいけないという想いで当日を迎えました。


今回は自分の調整環境にあるグループからの出場者が自分だけ、ということで寂しい入場でした。

自分のブロックは「H」
・はるちん ・masa ・アンニュイ ・シャロン の4人です。

1戦目 vsアンニュイさん ○

4年連続で代表決定戦に参加している人。
試合内容は、序盤に相手のメガ枠であるカメックスをボルトロスで倒すことに成功。
終盤で強気の読みを通してそのまま勝ち、といった内容

あとから聞いてみるとランドロスの持ち物が「ひかりのこな」だったとのことでしっかり当ててくれて良かったと安堵。

2戦目 vsはるちんさん ○
待機列で雑談をして少し交友した人。1戦目にmasaさんに負けてしまったようで落胆気味。
試合内容は、2ターン目で恐ろしいほどのアドバンテージを取りその時点で勝利を確信。
そのままワンサイドゲームで4-0フィニッシュを決めた。

この時点で シャロン2-0 masa1-1 アンニュイ1-1 はるちん0-2 という図になった。
代表決定戦のルールは、勝ち数が同率で並んだ場合は、勝った時点での「残りポケモン数」が多い人が優先される。
2戦目の時点で、シャロン(6) masa(2) アンニュイ(1) はるちん(0)という残りポケモン数。

アンニュイさんは4-0ではるちんさんに勝ったとしても自分に及ばず、masaさんは自分に4-0で勝たなければ同率にも立てないという状況。

3戦目 vsmasaさん ○
大規模非公式大会、バトルロードグロリア(http://brgloria.web.fc2.com/)の主催。
試合内容としては、自分は「1体でも倒せば通過確定」という状況だったため集中攻撃を繰り返すプレイを取り、1体を倒した時点で降参を頂いた。
この残り匹数ルールの悪いところを感じる内容となってしまった。



という訳で予選を3-0で全勝し、決勝トーナメントの参加権利と同時に「日本代表」の権利を獲得しました!


ずっとずっと憧れていた「日本代表」の肩書に、3度目の挑戦で、ようやく手が届いたことを実感して思わず叫びました。

そして、同じく3度目の代表決定戦に臨んだビエラさんも予選を抜けて、権利を獲得したということで二人で感激して抱き合ったりしました(かなりのテンションでした)。
正直この時ちょっと泣いてた。


決勝トーナメントに進出していたのは、順当も順当という名立たるメンバーでした。

既に日本代表としての権利は持っているものの、重要なのはトラベルアワードを賭けた次の1戦です。


決勝トーナメントの1回戦の相手は先ほど喜びを分かち合ったビエラさんでした。

準々決勝 vsビエラさん ×
序盤は運もこちらに傾き悪くない展開ではあったものの、立ち回りで上をいかれて負け。

文句無しの相手に文句無しの負け方をしてスッキリした気持ちで自分の代表決定戦は終了。

このビエラさんはそのまま優勝しました。流石としか言いようがありません。


関係ないけど、3年連続で自分が負けた相手が決勝に進出している!!俺は勝利の女神かもしれない・・・。



という訳で、ベスト8 日本代表権利獲得(トラベルアワード無し)という結果でした。
この結果に自分は非常に満足していて、長年の夢が叶ったと、それ以上は望まない気持ちでいます。
もちろん正直に言えば勝ちたかったし、悔しかったですが、今はこれでいいかなと。
来年はトラベルアワードを目指した順位を目標に掲げようと思うし、毎年目標をランクアップしていくことで飽きずに頑張れるんじゃないかなと思いました。

今回のことで、凄く多くの人に応援と、そして「おめでとう」を貰って、それが本当に嬉しかった。
そして期待にはしっかり結果で返そうと思います!本当にありがとうございました!


世界一を目指します!

[ダブル]ジャパンカップ2015

今年も予選抜けました。3年連続です

勝利の秘訣を書くと、俺は強いからです。


使ったパーティは雨パーティでした

・ニョロトノ
・ルンパッパ
・ボーマンダ
・ライボルト
・ナットレイ
・?????

この6体です
最後の1体は公開するのがあまりに恥ずかしいため書けません
情報封鎖とかじゃなくて恥ずかしくて書けないのです

「あのシャロンが・・・?」となるような狂気のポケモンが採用されています
気になった方はアイドルマスターシンデレラガールズを始めてください


実は僕は3年とも雨パーティで予選を抜けてるんですね・・・。
スタン大好きマンなはずなんですが、ジャパンカップは雨が勝ちやすいと思いますね
理由は特にないです


さてさて全国大会ですが去年を振り返ってみましょう
http://syaron467.blog69.fc2.com/blog-entry-1256.html

このがんばりよう。凄いですね
去年、全国に向けて自分より調整した人はいなかったんじゃないかなと
そう思うぐらい考えました しかしその努力は報われなかったのです

去年僕は思いました 日本代表になるのなんて無理なんだと


今年は気負わずゆるめに頑張ってみます
次のページ

FC2Ad