シャロンの適当日記

ポケモン、遊戯王、東方のことをメインに色々適当に書く日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ダブル]日本代表決定戦 パーティ解説 カロスダブル総括

WCS2014日本代表決定戦に参加して来ました。

今回も去年と同様に、32人を8ブロックに割り振り1人抜けの8人トーナメントでした

●使用パーティ

・ヤミラミ@ぼうじんゴーグル
 いばる ちょうはつ おにび にらみつける

・ガルーラ@ガルーラナイト
 おんがえし グロウパンチ ふいうち ねこだまし

・サンダー@ゴツゴツメット
 10万ボルト めざめるパワー氷 でんじは はねやすめ

・ボーマンダ@こだわりスカーフ

 りゅうせいぐん りゅうのはどう だいもんじ ねごと

・バンギラス@いのちのたま
 いわなだれ れいとうビーム だいもんじ りゅうのまい

・ギルガルド@たべのこし
 シャドーボール ラスターカノン ワイドガード キングシールド 



構築についての詳細は後述。


自分のブロックはペンギンさん、おやつさん、バルドルさんと自分の4人

・1戦目 vsペンギンさん

相手がガルーラファイアロー こちらがガルーラヤミラミ
ファスガと猫警戒でヤミラミ引いてボーマンダで威嚇がヒット
ファイアローがファスガ ガルーラがグロウパンチ こちらのガルーラはファイアローにおんがえしを決める。

その後ガルーラ引いてヤミラミを出し直しボーマンダでガルーラを狙うとファイアローが追い風 ガルーラ守る
次のターンが決め手で、「ファスガ警戒でヤミラミが動かない」と考えることを読んで、強気にガルーラに鬼火を選び炸裂。
やけど状態のガルーラの前にギルガルドとヤミラミを並べて相手の後発のドーブル、モロバレルを完封し勝ち。

・2戦目 vsおやつさん

1ターン目から相手のギルガルドに適当に威張る選んだら聖なる剣でガルーラが死んで負けました

・3戦目 vsバルドルさん

フェアリーが2体いて、先発にボーマンダとヤミラミを選出するのが難しいパーティ。
ガブリアスが重いながらもバンギラスの型の初見殺し性能でブチ抜けるパーティだったためサンダーバンギ先発

1ターン目からガブリアスのいわなだれで2体が怯み、次のターン地震がガルーラの急所に入りお通夜。
竜舞が成立していれば相手の選出のガブリアスクチートボーマンダの3匹をブチ抜けてかなり有利だった

ガブリアスにいわなだれを選ばせる選出は不味かったかと後悔・・・。




という訳で予選はバルドルさんが全勝で通過することとなりました。
バルドルさんとはかなり古い知り合い(6,7年?)でしたが今回初めて会えました
しかしそれが全国大会の予選ブロックとは・・・。

バルドルさんはそのまま決勝トーナメントも勝ち進み日本代表権利を勝ち取り、準優勝という好成績を修め
負けて悔しいと思う気持ちもありましたが、本当に嬉しかったです。

思えば去年自分が予選でボコボコに負けたハルトさんも準優勝だったしなんだか面白いですね




去年も日本代表決定戦の参加権を獲得し、全国大会に進みましたがパーティも一夜漬けで自信もなく
実際に当日負けてもそこまでの悔しさを感じることはありませんでした。

しかし今年は日本代表枠の拡大もあり、今後あるかないかの大きなチャンスだと考えていました
ジャパンカップ後はやすまつさんと一緒に構築を練りに練って、良いパーティも完成して自信もありました
それだけに今回の負けは思い返すととても悔しいです。


この1ヶ月の頑張りがこのまま消えて行くのは惜しいので、せめてこのブログに書き綴ろうと想います。
世界大会に参加する方々に少しでも構築のヒントを与えられたらなと。 続きを読む
スポンサーサイト

[ダブル]BW2 環境の総括 推移を振り返る

もうXYが発売するということで、全てを語ることは出来ませんが、簡易的に振り返って行きましょう。

一応、時系列順となっています。

■「れいじゅう」フォルムの登場


発売に伴って訪れた大きな環境の変化。それはやはりこの2匹がリリースされたことから始まります
20120730180418.jpg20120710041108.jpg

霊獣ボルトロス
79 105 70 145 80 101 特性:ちくでん
・霊獣ランドロス
89 145 90 105 80 91 特性:いかく


ボルトロスはもちろんのこと、ランドロスも【バンギランド】といった形でBWの頃より
使われていた高種族値準伝説ポケモンでありましたが、新たな姿を持って登場しました。

やはり特筆すべきは新しく得たその『特性』にあります。

「ちくでん」は自身に無効属性を付与するという特性の時点でかなり強力なものですが
高速アタッカーの弱点である《でんじは》の影響を受けないという点もその強さに拍車をかけています。

そしてダブルバトルを嗜む方々にはもはや説明不要の強特性「いかく」。
恐ろしいのは「いかく」を携えたランドロスが《とんぼがえり》を覚えるポケモンだということ
今までこのギミックを備えたポケモンはムクホークやアメモース程度でした(笑)
ポケモン交代によるターン消費のディスアドバンテージを抑えつつ「いかく」を回す・・・


これだけでも恐ろしいのに、なんと両者攻撃面の種族値は揃って145という化け物じみた数字です。
通りやすい電気タイプをメインに据えたボルトロス、《じしん》《いわなだれ》と強力な全体技を打ちやすいランドロス



この2匹はBWまでのポケモン、全国ダブルを大きく変えていくことになります。


・真・R砂スイッチ
http://d.hatena.ne.jp/R_justice/20120808/1344439549

・柚樹雨パ
http://d.hatena.ne.jp/kei-chan-heart/20121119




■新たな教え技


BW2によってもたらされた要素「おしえわざ」です。
52c7f2b4.gif
いくつかの技が追加されましたが、ダブルバトルにおいて大きな変化となったのは

・てだすけ ・トリック ・三色パンチ ・おいかぜ ・じゅうりょく

ここ辺りが挙げられます。
特に《てだすけ》はトップメタ筆頭であった【ニョログドラ】にすんなり入る強力な技で
リリース後は、すぐに多くの人に使われる形となり猛威を奮いました。

通称三色パンチ(《ほのおのパンチ》《れいとうパンチ》《かみなりパンチ》)も
BWより追加されたポケモンが携えるサブウェポンとして技選択の幅が大きく広がりました。


・R雨スイッチ~Teemo Edition~
http://d.hatena.ne.jp/R_justice/20120820/1345464182




■シュバルゴの増加

589.gif

この頃、既存の【クレセグロス】パーティへのメタ性能などを見ぬいた一部が
メジャーな鋼枠であるメタグロス、ハッサムの2体に強いシュバルゴを使い出し一時流行ることとなりました。


・小学生トリパ
http://d.hatena.ne.jp/R_justice/20121104/1352023512
・貸そうか?パ
http://d.hatena.ne.jp/honasho5/20120828/1346142788




■《キノコのほうし》コンビ、夢特性解禁
591_20131009015301e60.gif286.gif

モロバレルの「さいせいりょく」、キノガッサの「テクニシャン」の解禁です。
特に後者キノガッサはこれまでは使われることの少なかったポケモンでしたが、
この特性を得てから急速的に使われるようになり、素早さの一つの指標となりました。


・ウルガッサ
http://d.hatena.ne.jp/koredekatsumiru1/20121106/1352213742




■リフレクター+光の壁ラティオス
381_2013100901595793f.gif
眼鏡ラティオスやジュエルラティオスなど高火力を生かして使うのがメジャーだったラティオスを
2枚の壁技を持たせて運用するというシングルからの輸入型。一時期爆発的に流行ったパーティタイプとなりました


・壁ラティオス
http://d.hatena.ne.jp/honasho5/20120830/1346342472




■噴火ヒードラン
485.gif
存在はしていたけど注目される機会のなかった噴火ヒードランに目を付けた人たちが現れる
対策をしていないと一瞬でゲームエンドまで持っていくその火力は一気に環境に名を馳せました


・もりやま噴火スイッチ
http://yurin716.blog.fc2.com/blog-entry-4.html
・R晴スイッチ
http://d.hatena.ne.jp/R_justice/20120914/1347633006




■「いかく」ズルズキン、「てつのこぶし」ローブシン解禁

BW2発売から程なくした2012年11月下旬、環境に大きく変化が訪れることとなりました。
20110731205829303.png1ee22308125d5deac126801f87e7e349df4545171374819978.jpg

またもや「いかく」を持つ強力なポケモンが登場しました。
《とんぼがえり》こそありませんがトップクラスのサポート技である《ねこだまし》を持ち、「いかく」です。
似たポジションにカポエラーがいますが、エスパーに強いズルズキンとその逆のカポエラー
クレセリア・ラティオス・メタグロスの闊歩する環境の中、その差は着実に開いていくこととなります。

そして「てつのこぶし」を持ったローブシン。BWまでも多く使われてきたローブシンですが
これまでの特性はあまり旨みの無い「ちからずく」や能動的に生かすのは実戦的ではない「こんじょう」でした。
そこに超汎用的な特性である「てつのこぶし」です。ただでさえ壊れた火力が更に強化されました


何よりこの2体は格闘ポケモンなので、前述した《三色パンチ》を有効活用出来るポケモンなのです。
特にローブシンはその特性と大きくシナジーしていて、元々の地位を更に上げることとなりました。



■「まけんき」ポケモンの台頭
641.gif625.gif
霊獣ランドロス、ズルズキンと強力な威嚇ポケモンが増えました。
そしてこれらも物理ポケモンなので、対策に威嚇が挙げられる・・・威嚇だらけです。
そこで掘り起こされたのが「まけんき」。実はトルネロスが「まけんき」を得たのもBW2からですね。
この2体がパーティにいるだけで、相手は威嚇ポケモンの選出をためらうことになります。


・バンキザン
http://d.hatena.ne.jp/shadowhat/20130311




■WCS2013 公式大会
485_eff-off.jpg


5月に予選、6月に本戦という形で開催された公式大会。
公式までの間は構築なども余りおおっぴらに公開する人は多くなく停滞期でしたが
その集大成をぶつけあう、公式の名に恥じぬ大きな盛り上がりを見せた大会となりました。

●ジャパンカップ参加者パーティまとめ
http://d.hatena.ne.jp/shadowhat/20130526

●全国予選優勝パーティ
461.gif639.gif381_2013100901595793f.gif485.gif468.gif437.gif
・袋叩き晴れ噴火スイッチ
http://d.hatena.ne.jp/koredekatsumiru1/20130507

●全国大会本戦優勝パーティ
488_20130712221200.gif485.gif642.gif645-therian.gif248_20130919044943f24.gif534_20130712221201.gif
・げべぼ天地魔闘スタン
http://d.hatena.ne.jp/gebebo/20130823/1377250526

げべぼ天地魔闘スタンはこの後世界大会で準優勝に輝いたパーティでもあります。

●世界大会優勝パーティ
641.gif473f.gif381_2013100901595793f.gif485.gif591_20131009015301e60.gif534_20130712221201.gif
・トルネロスマンムー
http://nuggetbridge.com/reports/mean-streets-world-champion-masters-2013-vgc-world-champion-report/
(翻訳記事:http://poketaroimo.blog.fc2.com/blog-entry-218.html


見事にヒードランに染め上げられた公式大会となりました。






■そして収束する環境。
img_286554_4242884_0.jpg


ポケットモンスターXYの発売が刻一刻と近づく中、環境は収束を見せていました。

大規模オフや、日韓交流戦などに於いて、あるメンバーが上位の大半を占めていました。

それは

488_20130712221200.gifクレセリア
376_20130712221203.gifor212.gifメタグロスorハッサム
642.gifor642-therian.gifボルトロス化身or霊獣
645-therian.gifランドロス霊獣
248_20130919044943f24.gifバンギラス
423.gifor245.gifor534_20130712221201.gifトリトドンorスイクン
orローブシン


この組み合わせでした。

かなりの高種族値で組み合わされたメンバーで、ギミックも大きく分けてトリックルーム・でんじはの択があり
一体一体のスペックが高く様々な技構成が予想される非常に強力な組み合わせで、大量発生することとなりました。


実際使用者が多いから、というのも勿論ありますが多数結果を残しており
この時期にどんどん増えてきたことから「結論パ」と呼ぶ人も少なくありません。


もちろん環境の終わりと言えど、新しいパーティはどんどん出来ています。
最近だと「黒い鉄球」キノガッサのパーティや《からをやぶる》ツボツボなどが記憶に新しいかと思います


しかしBW2環境はここで一旦終わり。このパーティを一つの結論とするのもいいかも知れませんね。





という訳でここまでがBW2の振り返りです。


なんだかんだBW2を一年以上遊んできましたが、やはりポケモンは楽しかったです。
ただ、霊獣の2匹はちょーっと強すぎたんじゃないかな?なんて思いますw


XYではどうなるか、今から楽しみ!
これを読んでくれた人がXYからポケモンをやってみたい、ってなったりしたら嬉しいなぁ


では、拙い文章でしたがお疲れ様でした。

日韓交流戦

結果 http://d.hatena.ne.jp/R_justice/20130829


という訳で日本側の勝利でした!


パーティの紹介です


~BW2結論スタンダードin日本~

488_20130712221200.gif642.gif645-therian.gif
248_20130919044943f24.gif212.gif534_20130712221201.gif

◉クレセリア@光の粘土 穏やか
こごえるかぜ でんじは リフレクター ひかりのかべ

◉ボルトロス@電気のジュエル 臆病
10万ボルト めざめるパワー氷 でんじは いばる

◉ランドロス@きあいのタスキ 陽気
じしん いわなだれ とんぼがえり まもる

◉バンギラス@こだわり鉢巻 勇敢
いわなだれ かみくだく ばかぢから れいとうパンチ

◉ハッサム@飛行のジュエル 意地っ張り
むしくい バレットパンチ アクロバット まもる

◉ローブシン@たべのこし 意地っ張り
ドレインパンチ マッハパンチ いわなだれ ビルドアップ




BW2最強のポケモン達を集めたパーティです


>クレセリア

壁型を採用。ラティオスと比較して、やはりその耐久力の高さとトリックルームを匂わせることが大きく
粘土+壁リフは少ないアクションで後の大きなアドバンテージを獲得することが出来るギミックで強力
電磁波があるので仕事がなくなるということもあまりなく使いやすかったですね。

>ボルトロス

最強のポケモン。素早さ実数値は陽気ランドロス抜きの158であとは耐久に回しています
オボンの実は調整段階で有効に働く場面が少ないことから電気のジュエルに変更。
これによりハッサムを2発で倒すことが出来たりスイクン等に大きいダメージを与えるなど
サポート要因だけでなくアタッカーとしての運用にも幅が広がります

>ランドロス

普通な形。最も安定して強いです
今回はマッチ戦ということでこだわりスカーフの採用は避けました

>バンギラス

史上最強の鉢巻型。威嚇を食らってもクレセリア、ボルトロスなどを速攻で倒せるので
自身の仕事がしやすいのがポイントです 今バンギラスを使うならこれしかないでしょう。

>ハッサム

メタグロスでなくハッサムを採用しているのは相手のハッサムに殴り勝つため。
というわけでアクロバットを持たせています 壁があるので押し勝つことが出来ます

>ローブシン

今回の韓国のパーティにはマンムー、キリキザンが多いのではないか?という予想から
トリトドンだった枠をローブシンに。実際トリトドンだと相手のローブシンが辛いかなと思いました
リフ+ビルドで苦手なトリルブシンを相手にしにいきます 相手ハッサムにも強いです





という感じのパーティです。

雨にはプレイングで勝つ絶対の自信があったので強気の水抵抗0パ

実際日韓戦では昨年度のWCS韓国大会優勝者のKeewan bae選手の雨パーティにストレート勝ちでした
詳しくはURLの先の録画を参照、という感じですが 取れます。




世界大会のルールである3本勝負は初めてで楽しめました
山本隊員のゲスト参加もかなりの刺激になって視聴者の方々にも楽しんでもらえたと想います


という訳でお疲れ様でした。

[ダブル]ダブルウォールコントロール


【虎ファルガーオマルグッドスタッフ】

オマル氏がニコニコ超会議2ポケモン大会で使用し、準優勝を飾ったパーティ
488_20130712221200.gif376_20130712221203.gif635_20130712221202.gif243.gif130_20130712221213.gif534_20130712221201.gif


・クレセリア@カゴのみ 図太い
凍える風 電磁波 毒々 眠る

・メタグロス@こだわりハチマキ 意地っ張り
コメットパンチ 思念の頭突き 冷凍パンチ トリック

・サザンドラ@きあいのタスキ 臆病
りゅうせいぐん 悪の波動 大文字 追い風

・ライコウ@ひかりのねんど 臆病
10万ボルト リフレクター 光の壁 守る

・ギャラドス@オボンのみ 陽気
たきのぼり 電磁波 挑発 守る

・ローブシン@たべのこし 慎重 (てつのこぶし)
ドレインパンチ 冷凍パンチ マッハパンチ ビルドアップ


オマル氏「壁+ビルドアップローブシン強くね?」
ということでオマルの案を元に作ったパーティ。

>クレセリア
両壁+眠るの相性は抜群 これが決まるだけで勝利に結びつくことも多々。
ローブシンが物理の上からビルドアップ出来るように電磁波をばら撒いたり、
ローブシンでの突破が困難な相手のクレセリアに対して毒々をぶつけるのが仕事
毒々と眠るの相性も当然ながら非常に良好なので単体で見ても大きく活躍出来る。

>メタグロス
全体で見て多少重めなボルトロスを葬るためのハチマキメタグロス
ハチマキメタグロス自体が、行動回数が増える壁ギミックと相性が良く
トリックはローブシンがビルドアップを積む起点作りとなりえる技なのもポイント。
ローブシンが苦手とする相手クレセリアに高い打点を持っていることも大きい

>サザンドラ
相手の雨パーティに対するメタカード。ニョログドラハッサムボルトロス等多くに有効
気合のタスキを警戒して守るや身代わりを選択してくるところに追い風をぶち込んで上を取る
ラティオスやクレセリア、威嚇ポケモンなどにも有利に動けるのがローブシンのサポートとしても優秀。

>ライコウ
パーティの軸となる壁ギミックを搭載している虎。
ほとんどのポケモンの上から状況に合わせてリフレクター、光の壁を展開出来る
めざめるパワーが欲しい場面も非常に多いがスペースの都合上難しい枠です

>ギャラドス

補完枠。全体で重いと感じたウルガモスやハッサム等に有効に働くポケモン
挑発はトリックルームを止める役割の他、ハッサムの剣舞やガッサの胞子といった技を止めたり
汎用的に使える技でギャラドスを採用する理由の一つにもなります

>ローブシン
エース。壁と合わさった時のビルドローブシンは急所以外では難攻不落の火力要塞
ドレインパンチ+食べ残しの場持ちの良さがウリでエースとしての性能は高いです




ここまでローブシンのサポート(主に相手のクレセリアを意識)するぐらいなら
ズルズキンでビルドアップすればよくね?という意見もありますが、ズルズキンとの違いは
素の火力の高さ、相手の格闘ポケモンに強い、種族値高い など重要な部分も多いです


参考動画(ほんの少し構成が違います)



反省点としてはやはりウルガモスがとても重くなってしまったところ。
改良するならここを意識して組み直したいなと想います。


選出に幅が広く面白いパーティです


最後に紹介です

ビエラさん 壁ライコウ
http://d.hatena.ne.jp/honasho5/20130326/1364297036
rouさん 壁ブシン
http://d.hatena.ne.jp/rou-34/20130711/1373536012
オマルさん 勝海ラップ

[ダブル]ジャパンカップ2013使用構築-雨パーティ

ジャパンカップに参加しました 結果は7位でした
aa231b6c61eeb6ea3805d627e7d9f8af.png


◉使用パーティ(多少変更有り)

・ニョロトノ@ソクノ 穏やか
ねっとう 冷凍ビーム めざめるパワー草 守る

・キングドラ@スカーフ 控えめ
りゅうせいぐん ハイドロポンプ 濁流 冷凍ビーム

・ボルトロス化身@きあいのタスキ 臆病
かみなり めざめるパワー氷 挑発 守る

・ランドロス霊獣@ヤチェ 陽気
じしん ストーンエッジ とんぼがえり 守る

・ハッサム@鋼のジュエル 意地っ張り
むしくい バレットパンチ つるぎのまい 守る

・ズルズキン@こだわりハチマキ 意地っ張り
ドレインパンチ かみくだく ストーンエッジ れいとうパンチ




元々はグッドスタッフを考えていたのですが構築が振るわなかったのと、レート向きじゃないと判断して断念。
1試合1試合を淡々とこなすことが出来て、昔からよく使っている雨パーティに着手することにしました。


今回のパーティで重要視したのは単体性能です 単体性能を上げることで選出の幅を広げました

以下個別解説

・ニョロトノ

:手助けを採用せずに単体でトリトドンと打ち合えるめざめるパワーを採用
これによりズルズキンorハッサムとの集中攻撃でトリトドンを落とすことが出来る。
持ち物についてはボルトロスやラティオスを前に行動が保証されるソクノの実

・キングドラ
:こだわりスカーフを持たせニョロトノを選出せずともラティオスや他ドラゴンに隙を見せない。
雨下で相手のキングドラからほぼ確実に先手を取れることもミラーにおいてかなり重要な意味を持ちます

・ボルトロス
:メジャーな霊獣ではなく化身を採用。いたずらごころ挑発によって壁構築やモロバレルを見ました
気合の襷を持つことでランドロスのストーンエッジやラティオスの流星群に怯えることなく動けます
穏やか耐久ボルトロスを警戒して手助け+何かという行動をされることも多く非常に優秀でした

・ランドロス
:特に変わったことはありませんがストーンエッジは雨の苦手とする穏やかボルトロス対策。
持ち物に関してはキングドラとボルトロスに他候補を取られているのでヤチェのみを採用しました

・ハッサム
:言わずとしれた雨ハッサム。技の通りが非常に良く、ニョログドラボルトが威嚇持ちに強いので動きやすいです
強力な複合タイプでスイッチ系のパーティにも時間を稼ぎやすく先制技が低耐久を許しません

・ズルズキン
:一番強いと思ったこだわりハチマキを採用。じゃまになるポケモンを威嚇撒きつつグイグイ削っていきます
ニョログドラボルトが辛いポケモンのほとんどに強くて非常に使用感はよかったです




カポエラーやローブシンといった格闘ポケモンが極端に辛かったので次はそこを改良したいです


参加された皆様お疲れ様でした。

全国大会も頑張ります(^_^)v
次のページ

FC2Ad