シャロンの適当日記

ポケモン、遊戯王、東方のことをメインに色々適当に書く日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝つダブルバトル その二 『選出』

遅くなりましたがこの「勝つダブルバトル」シリーズの第二弾です。
今回は「選出」についての考察、紹介をしていきたいと思います。



始めに、「選出」とは言うまでもないですが6体から4体を選ぶことです
ではその4匹の決定はどういった基準をもって決定しているのか という話です
個人的に「選出」はダブルバトルにおいて1,2を争う重要な要素だと考えています
この要素を軽視していてはいつまでたっても高い勝率を出すことは出来ないでしょう

選出には主に2パターンあります
一つ目、相手のメンバーに合わせて6匹から4匹選ぶ
二つ目、選出パターンを予め二種類ほど用意して相手に合わせてどちらかを選択する

二つ目はコンボパーティにありがちなパターンです。
例を挙げると[モロバレル、ブルンゲル、シャンデラ、カポエラー、ハピナス、ツボツボ]といったようなパーティ。
これはハピナス+ツボツボのコンボを決める[モロバレル、ブルンゲル、ハピナス、ツボツボ]の選出と
そのコンボを止める為に出てきた格闘ポケモンをカモにする[カポエラー、ブルンゲル、モロバレル、シャンデラ]のような選出があります。

基本的には一つ目のパターンになるのでこっちの話をしたいと思います。


まず簡潔に言うと自分の選出方法は【消去法】です。
相手の六匹を見て、自分のメンバーで「効果的ではなさそうなポケモン」を二匹選びます
そして次に考えるのは選んだポケモンの並びです。要するに先発をどう並べるか、です。

例えば[クレセリア、メタグロス、バンギラス、ボーマンダ、ロトム、ローブシン]で
[ニョロトノ、キングドラ、サンダー、テラキオン、メタグロス、ナットレイ]に選出するなら
テラキオンぐらいにしか強くないメタグロス、ナットレイには強いが動き辛いローブシン辺りが消えて
残り四体で並びを考えます バンギラスは天候合戦のために後発 クレセリアは動きやすいので先発 といった感じです

一番やってはいけないのが、1ターン目の時点で完全に不利をつけられるパターンがある選出です
相手のラティオス入パーティに対し先発ロトム@眼鏡、メタグロス 後発ボーマンダ@スカーフ、ローブシンと選出すると
先発で出てきたラティオスがロトム側にジュエル流星群を打ってくるだけで問答無用で一体やられてしまいますよね。

相手の選出を予想してそれに合わせた選出をする、という人もいますが
自分はこの方法はオススメ出来ません。色々な考え方があるこのゲームにおいて
自分の予想と全く正反対の選出をされることだって少なからずあるわけです。
そういった相手依存になる選出方法よりも、相手の6体に対して消去法で選ぶ方が
相手の選出による事故というものを防ぐことができます。


消去法などと言いましたがそんな簡単にいくものでは無いです
よく出来たパーティにはなかなか決めきれないこともよくあります
こういう時に相手の選出パターンや試合展開を頭の中で考えます

ランダムマッチの選出時間は1:30ですが正直これは短すぎます。
フレンドバトルなどでじっくり選出を考える機会を設けて、 慣れていくのがいいと思います
それだけ「選出」は大事な要素なのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syaron467.blog69.fc2.com/tb.php/1201-26ab84b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad