シャロンの適当日記

ポケモン、遊戯王、東方のことをメインに色々適当に書く日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ダブル]日本代表決定戦 パーティ解説 カロスダブル総括

WCS2014日本代表決定戦に参加して来ました。

今回も去年と同様に、32人を8ブロックに割り振り1人抜けの8人トーナメントでした

●使用パーティ

・ヤミラミ@ぼうじんゴーグル
 いばる ちょうはつ おにび にらみつける

・ガルーラ@ガルーラナイト
 おんがえし グロウパンチ ふいうち ねこだまし

・サンダー@ゴツゴツメット
 10万ボルト めざめるパワー氷 でんじは はねやすめ

・ボーマンダ@こだわりスカーフ

 りゅうせいぐん りゅうのはどう だいもんじ ねごと

・バンギラス@いのちのたま
 いわなだれ れいとうビーム だいもんじ りゅうのまい

・ギルガルド@たべのこし
 シャドーボール ラスターカノン ワイドガード キングシールド 



構築についての詳細は後述。


自分のブロックはペンギンさん、おやつさん、バルドルさんと自分の4人

・1戦目 vsペンギンさん

相手がガルーラファイアロー こちらがガルーラヤミラミ
ファスガと猫警戒でヤミラミ引いてボーマンダで威嚇がヒット
ファイアローがファスガ ガルーラがグロウパンチ こちらのガルーラはファイアローにおんがえしを決める。

その後ガルーラ引いてヤミラミを出し直しボーマンダでガルーラを狙うとファイアローが追い風 ガルーラ守る
次のターンが決め手で、「ファスガ警戒でヤミラミが動かない」と考えることを読んで、強気にガルーラに鬼火を選び炸裂。
やけど状態のガルーラの前にギルガルドとヤミラミを並べて相手の後発のドーブル、モロバレルを完封し勝ち。

・2戦目 vsおやつさん

1ターン目から相手のギルガルドに適当に威張る選んだら聖なる剣でガルーラが死んで負けました

・3戦目 vsバルドルさん

フェアリーが2体いて、先発にボーマンダとヤミラミを選出するのが難しいパーティ。
ガブリアスが重いながらもバンギラスの型の初見殺し性能でブチ抜けるパーティだったためサンダーバンギ先発

1ターン目からガブリアスのいわなだれで2体が怯み、次のターン地震がガルーラの急所に入りお通夜。
竜舞が成立していれば相手の選出のガブリアスクチートボーマンダの3匹をブチ抜けてかなり有利だった

ガブリアスにいわなだれを選ばせる選出は不味かったかと後悔・・・。




という訳で予選はバルドルさんが全勝で通過することとなりました。
バルドルさんとはかなり古い知り合い(6,7年?)でしたが今回初めて会えました
しかしそれが全国大会の予選ブロックとは・・・。

バルドルさんはそのまま決勝トーナメントも勝ち進み日本代表権利を勝ち取り、準優勝という好成績を修め
負けて悔しいと思う気持ちもありましたが、本当に嬉しかったです。

思えば去年自分が予選でボコボコに負けたハルトさんも準優勝だったしなんだか面白いですね




去年も日本代表決定戦の参加権を獲得し、全国大会に進みましたがパーティも一夜漬けで自信もなく
実際に当日負けてもそこまでの悔しさを感じることはありませんでした。

しかし今年は日本代表枠の拡大もあり、今後あるかないかの大きなチャンスだと考えていました
ジャパンカップ後はやすまつさんと一緒に構築を練りに練って、良いパーティも完成して自信もありました
それだけに今回の負けは思い返すととても悔しいです。


この1ヶ月の頑張りがこのまま消えて行くのは惜しいので、せめてこのブログに書き綴ろうと想います。
世界大会に参加する方々に少しでも構築のヒントを与えられたらなと。
●パーティ解説

52351c4871376.jpg

まずは「ぼうじんゴーグルヤミラミ」からスタートしました。
ジャパンカップ参加者、予選通過者の使用パーティをブログで拝見させて貰ったり、使用率を見たところ
やはり使用率が高かったのは「メガガルーラ」「メガバンギラス」の2体でした。

そしてこれらを「モロバレル」でサポートしたものも非常に多く見られ、「ぼうじんゴーグルヤミラミ」の優秀さに気づきました。

自分がカロスダブルではずっと「メガガルーラ」を使用していた感想から言っても「ヤミラミ」は非常に厄介で
実際に「ヤミラミ」の対ガルーラスタンや対バンギバレルへの性能は一線を画したと想います。

今では数は落ち着きましたがいわゆる「sejunPT」と呼ばれるプテラバレルギャラにもとても強いですね。


このポケモンを使うに当たり、[ファストガード]を有する「ファイアロー」が厄介な点を考慮して
パートナーとするエースモンスターには最初「メガバンギラス」を選択していました。

[ちょうはつ][ねこだまし]などのサポートと[りゅうのまい]は相性が良くこれもかなり勝てました。
しかしフェアリータイプ弱点が被る、という欠点を抱えていて数の多い「サーナイト」がとても辛くなり
そこでやはりずっと使ってきた「メガガルーラ」と組ませることに決めました。


[にらみつける]は2体にヒットする防御ダウンの技で、威嚇を食らってもリセットしながら戦うことが出来て
相手が受け身なプレイの時に非常に効果的に刺さるギミックで、[にらみつける]と[おんがえし]で多くのポケモンを倒せます


残りのメンバーは補完を考えて入れていきました。
「ファイアロー」に強い「バンギラス」「サンダー」。低耐久のヤミラミをフォロー出来る《威嚇》を有する「ボーマンダ」
フェアリータイプに信頼して後出し出来る「ギルガルド」。と高種族値のポケモンで固めることが出来て気に入ってます。


中でも特殊な形になっているのが「バンギラス」ですね。
img_586850_23522936_1.jpg

これは土壇場で思いついた技構成で、メインの攻めはやはり「メガガルーラ」であったので
それのサポートとして考えると「クチート」「ギルガルド」「バンギラス」「ボーマンダ」「モロバレル」
あたりのポケモンに打点を持てる特殊メインの形が相性がよく好ましいわけですが
中途半端な素早さなことと、遂行対象である「ファイアロー」への処理速度が気になりました。

そこで 竜の舞二刀バンギ というものが生まれたわけです。

最初は安易な発想からでしたが、これが本当に強かった。
[竜の舞]を選択したバンギラスの前では相手の「ガブリアス」「クチート」が強気になってきます。
そこを上から綺麗に刈り取るこのギミックは調整段階で非常に活躍しました。


とまぁ『高種族値』『初見殺し』『メタ』と自分の構築理念としている3つの部分で満足な構築が出来ました。
調整試合では名立たる強者たちにほぼ全勝という結果で自信もありました
1つ言うとすれば「メガフシギバナ」が軸のパーティは少し重いですね。
[にらみつける]と「ガルーラ」のゴリ押しでなんとかなるのと、まず数が多くないので割りきりました。


もう使う機会はないパーティですが、こんな長文を読んでくれた方はありがとうございます。



強いプレイヤー同士での対戦は、想定外の動きが1つ決まるだけで戦況は大きく揺るぎます。
今回の代表決定戦においてこの要素は不可欠だと考えてかなりくだらない構成まで考えてきました。

そしてここからはこの1ヶ月間で考えたメジャーではないギミック、つまり『初見殺し』を紹介します。
【やすまつと一緒スタッフ】でお馴染みのやすまつさんに協力を仰ぎました。



・その1 m06.png510.png
【メガガルーラ+うそなきレパルダス】

「レパルダス」の[うそなき]で、「メガガルーラ」の敵となる「モロバレル」「ギルガルド」「メガクチート」
を「メガガルーラ」が[だいもんじ]を使うことによって一撃で葬ることが出来るようになる組み合わせ。

しかし[ねこだまし]警戒で守られることが多かったり、[だいもんじ]外した時悲報すぎるため没。

・その2 282.png
【アンコールサーナイト】

「サーナイト」はXYになってかなり強力なポケモンにクラスアップしたポケモンですが
やはり「ギルガルド」の[みがわり]起点にされてしまうのがどうしても気になるポイントでした。
それをカバーするのが[アンコール]。[みがわり][キングシールド]をアンコールして逆に起点にします

[アンコール]は補助技の中でも最高峰の初見殺し性能を持っているため最後まで候補でした。

・その3 145.png
【フリーフォールサンダー】

Sを通常ガルーラ以上、メガガルーラ以下にすることにより最強の動きが出来ます。
1ターン目にメガ進化した「ガルーラ」を[フリーフォール]で先制で連れ去り次のターンは「メガガルーラ」行動不能。
相手のメガポケモンを2ターン行動不能にさせることにより莫大なアドバンテージを獲得します

と思ったんですが「ガルーラ」って意地っ張りもいれば陽気もいるし、1ターン目は[ねこだまし]もあるし上手くいかないです

・その4m05.png398.png
【メガゲンガー+スカーフムクホーク】

「メガゲンガー」の低い耐久をサポートする《威嚇》を持つ「ムクホーク」と組み合わせる。
そして「メガゲンガー」に完封されないように相手は1ターン目は交代がよく起きるわけだけど
そこを「ムクホーク」の[とんぼがえり]で有利対面に持っていきます。

かなり良かったんだけど「メガゲンガー」自身でアドバンテージを獲得するのが難しい。

・その5 184.png
【てだすけマリルリ】

[はらだいこ]がすんなり通る環境ではなくなったと考え、「マリルリ」の3枠目の技として着手
特に相手の[ねこだまし]に合わせた使い方が強力で、「マリルリ」の性能とも噛み合っている。

「ギルガルド」の相手「ギルガルド」への[シャドーボール]など一押し足りない対面で力を発揮します

・その6 678♂m06.png
【メガガルーラ+だっしゅつボタンニャオニクス】

「ニャオニクス」で相手に[ねこだまし]を打ちながら「メガガルーラ」で「ニャオニクス」に[グロウパンチ]。
この流れは[ねこだまし]を警戒して[まもる]を選んできた相手に対して勝ちゲーに入る流れが作れました
4a984f541f56e59a98b3b7d19ca149bb.png
このパーティでINCではまぁまぁのレート(18位)でしたが、一度引っ込んだ「ニャオニクス」が弱すぎるのが問題でした。
後出しもあまり効かず、死に出しするころにはニャオニクスの役目がほとんどなかったりして欠陥がありました。

・その7 142.png
【いのちのたまプテラ】

アイテム補正により[アイアンヘッド]で「サーナイト」を一発。[こおりのキバ]で「ガブリアス」を一発。
本来死ぬとは想わないところからの突然の死がかなり強いと考えているので使ってみました
様子見で引かれたり、「サーナイト」が耐久振りが多かったりで廃案に。

・その8 302.pngm05.png
【じゅうりょくヤミラミ+さいみんじゅつメガゲンガー】

824d12e626788418d83ea6e2d1769fe9.png

この後もかなり練りました







カロスでじゅうりょく覚えなかった



・その他

224.png しおふき
227.png 鋼とフェアリー完封
469.png りんしょう
272.png 物理マイペース
687.png チョッキ
221.png 輝石こご風

もはやマイオナにもならないレベルの考察もたくさんしました。




ジャパンカップが終わってからの約2ヶ月は久々にポケモンのことばかり考えて
やっぱり可能性と選択肢が考えても考えても尽きない素晴らしいゲームだなと感じた。

付き合ってくれたやすまつありがとう 読んでくれた皆さんもありがとうございました。



終わりだよ~




(●・▽・●)



また来年も日本代表目指します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syaron467.blog69.fc2.com/tb.php/1256-0952f056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad