シャロンの適当日記

ポケモン、遊戯王、東方のことをメインに色々適当に書く日記

[ダブル]大正義オフ レポート/PT解説

ポケモンオフ史上最高規模級の、200名を超えるダブルバトルチーム戦「大正義オフ」に参加してきました!

wcs2014日本チャンプ、とにー氏、wcs2013全国出場のやすまつ氏という実力派の二人を勧誘し乗り込みました。

●使用パーティ シャロまつグッドスタッフ2014
717793_20141005101542399.png294822.png564868.png
31947.png30947.png705281.png

・ガルーラ@ガルーラナイト 陽気 h84 a156 b12 d4 s252
 すてみタックル けたぐり れいとうパンチ ねこだまし

・ボルトロス@いのちのたま 陽気 a252 s252 h4
 ワイルドボルト ばかぢから はたきおとす まもる

・ランドロス@とつげきチョッキ 陽気 h212 a36 b4 d4 s252
 じしん いわなだれ ばかぢから はたきおとす

・スイクン@ゴツゴツメット 控えめ h252 c108 s148
 ねっとう れいとうビーム バークアウト おいかぜ

・ヒードラン@ぼうじんゴーグル 冷静 c252 s252 h4
 ふんか だいもんじ だいちのちから まもる

・ギルガルド@たべのこし 控えめ h180 c76 s252
 シャドーボール ラスターカノン ワイドガード キングシールド



解説は最後にします。



ポケモンオフでは見たこと無いようなどでかい会場に、各地からの遠征者も多数見られて興奮。


主催の前挨拶も終わり、「何か告知・宣伝などある方は前に来てやって頂いて構いませんよ」とのこと。
遅れて来たテケテケさんに
「今チームごとに代表が自己紹介やってるところなんだけど、お前の番もう来てるぞ!!」
と伝えると「まじか!やばい!」とか言いながら前の方に向かう

そして200人の前で「神戸連合のデスガンこと、テケテケです」
とかいう誰もが意味不明な告知・宣伝を行いお通夜ムードになる事件がありました。

その後も前に現れて勝海ラップ歌い始めるDQNみたいな参加者もいて怖かったです



対戦競技が始まる。自分たちはEブロックでした

①ポッチャマ系男子(コウ マッチ Summit) 個人○ チーム○
自分はマッチさんとの対戦。想定していたパーティを初戦から引いてしたり顔。
追い風起動から相手モロバレルの胞子にヒードラン交代を合わせて、噴火でエンド

②Hello world(はやと がわリス すろうぷ) 個人○ チーム×
自分はすろうぷさんとの対戦。初手ゲンガーボルトに対してガルーラスイクン。
肝っ玉猫でゲンガーを怯ませ追い風起動 横のボルトロスは守っていてそのまま勝ち

③チーム格安航空(じゃる ぴっぴ あひるーにー)
 個人○ チーム○
自分はじゃるさんとの対戦。ワルビアルのイカサマギミックについては予習済み。
スイクンの追い風起動からまけんき発動したボルトロスが暴れて勝利

④I don't think so †改†(うぃww 門番 Scar)
 個人○ チーム○
自分は門番さんとの対戦。
ランダムオーダー制なのに因縁の対決が実現してしまい周囲も爆笑 俺は絶望。

俺と門番の因縁についてはこちら参照(http://syaron467.blog69.fc2.com/blog-entry-1233.html

しかし対戦を始めてみるといつもの門番らしからぬ普通のパーティ。
特に運要素も絡まぬままスイクンの追い風起動から制圧して勝利。

⑤チーム女子会(雨後 あへ ユカ) 個人○ チーム○
自分はユカさん(女性)との対戦。相手はブイズ ジャパンカップでブイズに負けた経験がある俺、危険を感じる。
先発サンダースニンフィアに対してガルーラヒードラン。りんしょうギミックをしっかり勉強してた俺は種族値の暴力で勝利

ユカさん「こんな可愛いポケモンたち虐めて楽しいですか~?」
俺「いや俺のヒードランもかなり可愛くないですか(噴火バゴーン)」
ユカさん「どこがだよ・・・」

⑥KNB連合(オマル デスガン どらくろう) 個人○ チーム○
自分はどらくろうさんとの対戦。相手はポケモン久々すぎてまけんきボルトの前に散った

⑦ジュニアチャンピオン!(こうた コウタ せいご) 個人× チーム○
自分はコウタ君との対戦。ジュニアクラスの子

ここで、ここまで個人成績6-0と順調だった俺に事件発生




5分ぐらいで0-4負けしました
想定してた選出、プレイングの上を行かれて一度の怯みで完封されてしまった(^o^)

チームに助けられる形となりました。

⑧す〇家(みゆん なおんぬ きら) 個人× チーム○
自分はきらさんとの対戦。
最終戦で、勝っても負けても1位抜けが確定していた為かなり適当にやった
初見のペロッパフに面倒だからダメージ計算せず凸ったら全抜きされて終わった




というわけで、
やすまつ7-1 シャロン6-2 とにー6-2
とかなり高水準の結果で予選を終えて、チーム7-1で予選1位抜けが決まりました。



決勝トーナメントに進出したチームはいずれも名立たるメンツでした
やはり強いチームは特に事故なく順当に上がってくるということを実感。


決勝トナメ①平成たぬき合戦ぽっぽこらすくまる(らすく ぽっぽ あつし) 個人○ チーム○

あつしさん クレセリア ヒードラン トリトドン ガルーラ (ボルトロス ランドロス)
シャロン  ガルーラ ランドロス ギルガルド ボルトロス (スイクン ヒードラン)

1ターン目、ヒードラン守る ランドロスはたきおとす→クレセ ガルーラ捨て身→クレセ でクレセを落とす。
この時点で勝利を確信するが、その後日和ったプレイを続けると全て読まれて一気に形勢逆転してしまう
しかしここで相手のミスに助けられワンチャンを拾いかなりギリギリの勝利。

準々決勝②おむうのアトリエ(まんくんさん YT ぐれい)
 個人○ チーム○

ぐれいさん ボルトロス ガルーラ ニンフィア ランドロス (エンテイ モロバレル)
シャロン  ボルトロス スイクン ガルーラ ヒードラン (ランドロス ギルガルド)

相手のぐれいさんはここまでの成績が個人9-0という化物

1ターン目は相手ガルーラの猫をボルトロスが守る。相手のボルトロスは挑発→スイクン
こちらのスイクンが冷凍ビームをボルトロスに打ち込み、なんとここで凍る。叫ぶ。

その後相手ガルーラの守るが見えたため、積極的に守る読みをしてヒードラン動かしまくる
噴火を連打して後ろから出てきたランドロスを薙ぎ払いニンフィアも大きく削りそのまま勝利。

準決勝③トラットリア エルグナド 曳舟店(ベテ リグナ エルム) 個人× チーム×

リグナさん ガルーラ ライコウ エンテイ マリルリ (トゲキッス ランドロス)
シャロン ボルトロス ランドロス ガルーラ スイクン (ギルガルド ヒードラン)

初手で猫読みスイクン投げの方向を外して大きくアドバンテージを失う
次のターンボルトロス守るも読まれてスイクンを集中される ここで急所を貰ってしまい追い風が使えないまま倒される。
読み負けと急所が重なって挽回出来ないところまで来てしまいそのまま圧敗。



チームも負けてしまい準決勝での敗退となりました。


目立ちたがりだから決勝戦のモニターで映りたかった・・・
逆側の準決勝には同じポルンガ動物園のメンバーチームが奮闘していたため
「決勝で会おう」などのやり取りをしていましたが、両チームが準決勝で敗退

フラグを建てる形となってしまった



その後はサブイベントのGS大会の実況解説をやらせてもらったり
本戦の決勝戦を、実況:ポルンガ 解説:シャロン でやらせてもらいました

二次会では「解説よかった!」と多くの人に言ってもらえて嬉しかったです。



初めてのチーム戦のオフは楽しかったです
実際にチーム成績も噛み合い助け合いで勝ち上がることが出来ました。

こんな大きなオフしばらくは出来なさそうなのが惜しいですが、是非機会があればやって欲しいですね。


それでは参加された皆さんお疲れ様でした!
パーティ解説です。

・構築の経緯

基本的にとにー氏やすまつ氏と構築の相談。

色々なパーティを考えて調整を重ねた結果、ゴツゴツメット+追い風スイクンの対ガルーラスタンへの圧倒的な性能の高さに気付くも、その時にはすでに本番5日前とかで慌てて組み上げました。

ガルーラボルトロスランドロス構築のミラーマッチは同速が起こりやすいのにも関わらず、電磁波もトリックルームも噛み合わない
凍える風も相手の"まけんき"を発動させるトリガーとなる懸念もある上に採用出来るポケモンがあまりいなかった。

そこで追い風に注目。
スイクンは十分な耐久があるのと、ガルーラボルトロスランドロス構築に水技・氷技が通りやすいという部分を突くことが出来るため優秀でした。

まずはガルーラ、ボルトロス、ランドロス、スイクン。
残りの2枠は何度も入れ替わりがあり、ヒードラン ギルガルドに落ち着きました。

条件としては
・モロバレルを早期に処理出来る
・格闘耐性
・フェアリー抵抗
・追い風とのシナジー

などを考えました。

一緒にパーティを考えてくれたやすまつ氏はモロバレル ヒードランでトリルクチートなどを厚くしたようです。
自分はゴツゴツメットをスイクンが持っている関係と、スイクンとモロバレルの同時選出をしてしまうと火力が足りないと思ったため、選出の幅を狭めるのが怖くてギルガルドにしました。

・個別解説

①ガルーラ

とにー氏考案の馬鹿力耐え調整ガルーラ
霊獣ランドロスの突然の馬鹿力や化身ボルトロスの珠馬鹿力を耐えることが出来ます。
実際は食らってしまうと厳しい状況ですが、立ち回りの幅が大きく広がるため凄く良かった。

追い風下で威嚇を入れに来たスカーフランドロスを刈り取る冷凍パンチ
単純に反動なくモロバレルやボルトロスも殴れて使いやすかったです。

②ボルトロス

テンプレート。しかしこのパーティのボルトロスは一味違います
「スカーフランドロスで威嚇を入れても、上から縛れば関係ない」
といったプレイをされた場合、スイクンの追い風から逆に攻撃の上がったボルトロスで縛り返す形となるためほぼ勝ちです

③ランドロス

テンプレート。意地っ張りスカーフランドロスをはたきおとた後に上を取れるよう最速
これによって決勝トーナメント1回戦のような立ち回りも取れて完璧でした
チョッキを選択したのは場持ちの良さと小回り。
特にクレセリアに向かってはたきおとしにいきやすいのが高評価

④スイクン

構築の軸。ただしトリックルーム系や電磁波系といった見るからに素早さ操作が入ってるパーティには無理しない
水技氷技の通りがかなり良い環境のためアタッカー性能も申し分なく火力不足を感じることもほぼ無かった。

バークアウトは特に有効なのが雨パーティと追い風+メガカメックスのパーティ。
相手の追い風ポケモンに1ターン目バークアウトから入り次のターン攻撃を耐えながら追い風を遅れて起動することによりほぼ勝てます

⑤ヒードラン

S31個体。追い風から噴火で制圧したり、あからさまなトリパ系には先発からガルーラドランで猫噴火かましにいったりします。
クレセクチートバレルはもちろんメガバナ系にも鍵になります

⑥ギルガルド

相手がフェアリー多めだったり、メガサナ系の構築だった時などに刺さる。
ヒードランと違い4倍弱点もなく、たべのこしもあって手堅く詰めていけるので相手によって選ぶ
追い風と合わせてほとんど抜けるようになっているのでアタッカー運用の性能も申し分ないです。

・選出

自分が基本選出としてるのは

ボルトロス スイクン(先発)
ガルーラ 選択肢

の形です。
ボルトロスが猫騙しを誘いやすいポケモンなので、ボルトロス守る スイクン追い風から入ります

仮にスイクンに猫騙しが来た場合はゴツゴツメットで大きく削ることが出来るため次のターンにリターンを取り返しやすく立ち回りが安定します。
もちろん追い風が通れば次のターンは上から縛れるようになるため有利です

ただガルーラスタンの良いところは選出の幅がめちゃくちゃ広いため相手によって自由に選べるところなのであくまで一例です。


一緒に考えてくれたチームメイトのとにー氏とやすまつ氏はありがとうございました(^o^)

短かったけどXY全国ダブルもなかなか面白かったです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syaron467.blog69.fc2.com/tb.php/1258-fbce4893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad