シャロンの適当日記

ポケモン、遊戯王、東方のことをメインに色々適当に書く日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンカップ2日目

5月の初めとは思えない暑さでした

流石に耐え切れずコンビニに向かい、アイスを購入



アイ…アイ…?アイ……


アイドルマスターシンデレラガールズを見てください

[ダブル]真バトル奥義10

4月4日にバトル奥義10が発売されました。

真・バトル奥義X (三才ムックvol.783)真・バトル奥義X (三才ムックvol.783)
(2015/04/04)
不明

商品詳細を見る

執筆陣
トルン、ユウキ、rou、ちくは、とにー、ゆういち
ワイルド、シャロン、おやつ、バルドル



10冊目となる今回のバトル奥義は、ルール「全国ダブル」に対応しています。
テーマは「コレを読んでジャパンカップに参加して、世界を目指そう!」となっております。


自分はこれまで「バトル奥義」に否定的で買ったことが今まで一度もなく、「オフや公式大会で大きな結果を残していない人の考察に説得力はない」と考えているのがその理由でした。
なので、今回執筆依頼の声がかかった時も不安に思っていましたが今回の執筆陣は凄かった。
一人一人が何かしらの形で実績を掲げたプレイヤーで、自分もブログ記事を参考にしたことは多くあるような面々。

プレイアブルなポケモンの多くを収録した個別考察、サンプルパーティの掲載などボリュームも申し分ない1冊となっており、ダブルバトル初級者であればもちろん、経験の多いプレイヤーでも参考になる部分は非常に多いかと思います。


ジャパンカップまでもう短い期間となっていますが、今からでも全然遅くないです。

上記のリンクからamazonで注文するなり、書店で手に取って貰うなりで是非読んでいただければと思います(^o^)/


バトル奥義編集特有の誤字脱字はもはや愛嬌らしいので気にしちゃダメだぞ!

[ダブル]ヴィクトリアリーグに行った感想

アイドルマスターシンデレラガールズを見てください。


理由その1 尊いため
理由その2 神であることが確認されているため
理由その3 見てない人は死ぬ可能性があるため

[ダブル]競技的に見たポケモン

1ヶ月更新がないと出てくるスポンサーサイトが邪魔なので適当に更新します。




ここ1、2年ぐらい自分とその周りも含め、ポケモンの熱が明らかに低まった理由についてです。

自分はポケモンの対戦ゲームとしての面を強く見ており競技性を求めてプレイしていました
”勝ったら評価される” ”公式大会で勝てば世界大会に行ける” とても魅力的なことです。

それがどうしてモチベーション低下しているか。


☆公式が意欲的でない。



世界大会『ワールドチャンピオンシップス』に繋がる『ジャパンカップ』は年の一度の大会
それ以外にも公式で催される変則ルールのネット大会はいくつかあるけれど、どれもリターンは無し。

そのため現状、「ジャパンカップ直前ぐらいにポケモン再開すればいいや」程度で考える人が多いです。


これまでずっとそうだったのに今更?という意見ではあるかと思います。

しかし実は日本以外の国は「公式に繋がる」大会が何度かあるのです。

cp


>日本代表決定戦、韓国代表決定戦は代表決定戦本戦を勝ち抜いたプレイヤーがその結果によって直接世界大会出場権獲得、という形式ですが、北米(ほぼアメリカ人とカナダ人だけですが)やヨーロッパではCP : Championship Pointの累計によって世界大会出場権が決まります。
(参考:たろいもさんのブログ http://poketaroimo.blog.fc2.com/blog-entry-247.html
(参考:CPについて http://poketaroimo.blog.fc2.com/blog-entry-255.html


要するにどういうことかというと、
①北米やヨーロッパでは公式によるオフ大会・オン大会が何度かある。
②大会の上位に入るとポイントがもらえる。
③溜まると世界大会に出れる!


という訳です。

この仕組みなら、上位を目指し継続してポケモンをプレイする気になりますよね
少なくとも自分はなります!凄く羨ましい。


現行の日本の仕組みだと、この1年に1度の大勝負のために情報封鎖を意識する人も多く
結果的にプレイヤーの全体がオフ会や他大会で本気を出せない(?)ような半端な事態に発展していたりもします。

逆に北米やヨーロッパは常に目先の結果を求めるようなスタイルが望ましく
環境の変遷も早いだろうし、競い合いという競技の本分をいかんなく楽しめるんじゃないかなと。

それこそ日本の大会も2009年や2010年の頃はそういう形式だったんですけどね。


以降というもの完全に「手抜き」にしか見えないような体制になってしまいました
日本発祥のポケモンというゲームなのに、大会への姿勢が「手抜き」すぎる・・・
そりゃ公式側の売り方・意図が日本と海外では違うと言われればそれまでなんですけれども。



実際に世界大会の結果も日本はしばらく勝てていませんし、そりゃ公式が意欲的じゃなかったらプレイヤーの意識も下がるって話ですね。

公式の意識の差っていうのは、当然のごとく非公式の部分にも色濃く出てきます。
海外では世界大会が終わってから次の世界大会まで、大規模な非公式の大会も行われています。

Nugget Bridge
http://poketaroimo.blog.fc2.com/blog-entry-265.html
海外の大規模ポケモンSNS 賞金が出たりするような大会もある。


※注 調べながら書いてる部分があるので大きな間違い等あればTwitterで教えてください。

☆非公式に価値が感じられない。

これに関しては上記以上に自分個人の感想です。
「☆公式が意欲的でない。」を踏まえた上で非公式、つまりオフ会に競技的価値を見いだせない。

結論から言うと今のオフ会って「勝ちに来てる」人はほとんどいないと感じます
もちろん、そもそもオフ会の趣旨からして自分の考えが外れてる・一般的でないということは重々承知です。

ただどうしても競技的にポケモンを楽しんでいる身としては、生温すぎてやる気にもならない
そんな人達に勝っても嬉しくないし、評価もされないような風潮になってしまいました。

少なくとも自分の見える範囲では最近の大会結果なんて話題にすら上がらないように見えます。

ポケモンはどんなに強い人にでも何回かに1回は勝てるようなゲームですし
素直にリスペクトしたり、認めたりすることが出来る人が少ないのも仕方ないのかなと
それでも昔はもっといたような・・・単純にスーパープレイヤーがいなくなったのかも知れないですね。

それでも盛り上げようと大規模な大会を開いてくれる人たちもいるので応援してます!
別にオフ会自体を否定している訳じゃなくて、競技スタイルには適さないと考えてるだけです。

自分のスタイルにあった非公式大会が日本でもあればいいなーって思います
自身で開くことも考えましたが、この考え方は一般的じゃないだろうし人が集まらないだろうなと思って踏みとどまってます。




以上でした。
正直公式にアプローチする手段がないため本当にオ●ニーな記事なんですが
共感してくれる人もいれば、そうじゃない人も多くいるかと思います それだけでいいです




おわりだよ~

ジャパンカップ2014

474393cd2e264fd1f708028e6ceee760.png

最終レート 1815 順位 14位

なんとか2年連続通過することが出来ました。

パーティはRさんに貰った雨構築





1日目 なんとか1600までレート上がる
2日目 思うように勝てず1650程度をうろつき恐怖を感じ始める
3日目 一日中頑張って1700に乗っかる。も残りの対戦数に絶望 死を覚悟。
4日目 奇跡の勝率。1800へ。も嫌な予感がしたのでもう1戦することを決意。1815で終了。



最終日の自分はやっぱり持ってるなと実感する運の良さでした。


XYになってからTwitterやブログでポケモンのことを取り上げることが無かったのは
情報封鎖というのもありますが、一番は「やってない人が語る」ことを自分がとても嫌うからです。

XYに入ってからの自分は大きなオフでの実績も特になく、そもそもポケモンのプレイ時間が非常に少なかった
そんな中で過去の実績を引っ張りだし語るのはみっともない、そう思ったからでした。


「今のシャロンは遊戯王だけ」そう思われないように今回頑張ったのですが、実って本当に良かったです。


今回は最初R、やすまつ、とにーのかなり信頼出来る3人に協力を仰ぎました
他にも通話してくれた皆にもメンタル面で助けられて感謝m(__)m



全国大会も頑張ります!
前のページ 次のページ

FC2Ad